香醋 効能

MENU

香醋のダイエットだけでない嬉しい効能・働き

 

香醋には必須アミノ酸のうちの「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」が豊富に含まれていることから、ダイエットに非常に効果があります。

 

しかし、ダイエット以外にもとても嬉しい効果があることを忘れてはいけません。

 

香醋には人間が生きていくのに必要な20種類のアミノ酸全てが含まれています。

 

20種類のアミノ酸の働き。

 

<必須アミノ酸>=体内で作り出すことができないため、外からの接種が必要。

 

「メチオニン」…コレステロールを下げる。

 

「フェニルアラニン」…うつ病や、情緒不安定に効果。

 

「ヒスチジン」…神経機能の補助。

 

「バリン」…疲労回復、脂肪燃焼。

 

「トリプトファン」…成長ホルモンの分泌。

 

「スレオニン」…肝脂肪の予防。

 

「イソロイシン」…身体成長の促、脂肪燃焼。

 

「リジン」…体の組織の修復。

 

「ロイシン」…肝機能の増強、脂肪燃焼。

 

<非必須アミノ酸>=体内で合成することができる。

 

「アルギニン」…成長ホルモンの分泌を促す。

 

「グルタミン」…筋肉のたんぱく質合成の補助。

 

「システイン」…傷の回復の促進、紫外線侵入の防御。

 

「チロシン」…甲状腺ホルモンや、神経伝達物質の原料。

 

「アスパラギン」…アンモニアの排出、中枢神経の保護。

 

「アスパラギン酸」…老廃物の処理。

 

「セリン」…皮膚の潤いを保つ成分の主成分。

 

「アラニン」…脂肪分解酵素のリパーゼを活性化。

 

「プロリン」…脂肪燃焼。

 

「グリシン」…保湿、殺菌作用。

 

「グルタミン酸」…知能の向上、潰瘍の治癒の促進。

 

このように、アミノ酸は人間が生きていく上で必要不可欠な役割をしていると言えます。

 

香醋はこう言った20種類全てのアミノ酸が含まれており、特に体内で作り出すことのできない必須アミノ酸に関しては、手軽に摂取できる貴重なサプリメントとなっております。

 

これらの働きにより、二日酔いや、疲労回復、更には血液をサラサラにしてくれたり、高血圧や糖尿病の予防、免疫力の向上にも効果が期待できます。